トゥイタク(読み)とぅいたく

世界大百科事典内のトゥイタクの言及

【アイヌ】より

…格言のような短いものから,長い物語の形式をとるものまであるが,アイヌの生活の知恵の凝集されたものであり,判断の重要な手引きになり,代々言い伝えるべきだとされている。 〈語られるもの〉の代表は,北海道の南西部でいうウウェペケレuwepeker(お互いに消息をたずね合う)と,中・北東部のトゥイタクtu‐itakであろう。トゥイタクは,知里真志保によれば,半ばふしをつけて語るという意味のルイタクru‐itakの転化で,ユーカラのサコイェsa‐ko‐ye(ふしと共に言う)の語り口に対してつけられた名称だという。…

※「トゥイタク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android