トゥイチナ,P.(読み)とぅいちな

世界大百科事典内のトゥイチナ,P.の言及

【ソビエト文学】より

…シェフチェンコ以後の最大の詩人I.フランコはその代表的人物である。革命前の作家としてはコツユビンスキーMikhail Kotsyubinskii(1864‐1913),革命後の代表的作家としては象徴派出身のトゥイチナPavel Tychina(1891‐1967),新古典派的詩人のルイリスキーMaksim Ryl’skii(1895‐1964),演劇のコルネイチュークがいる。近代白ロシア文学の成立は1840年代であるが,急速な発展を見たのは1905年以降のことである。…

※「トゥイチナ,P.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android