トゥチャ語(読み)とぅちゃご

世界大百科事典内のトゥチャ語の言及

【チベット・ビルマ語派】より

… このほか後漢書に記録される白浪語や,8世紀にミャンマー北部にピュー(驃)国を建てたピュー族の言語などの死語もある。また湖南省のトゥチャ(土家)語や,ルイ語群として一括される言語群がこの語派に属すると提唱されるが,未知の部分を多く含んでいる。
[特徴]
 この語派の言語は単音節を主体とし,すべて主語・目的語・動詞の語順をとり,大きく2類型に分けると,動詞が主語や目的語の照応形をともなう型(複雑型)とそれをもたない型(単純型)になる。…

※「トゥチャ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android