トドロフスキ,G.(読み)とどろふすき

世界大百科事典内のトドロフスキ,G.の言及

【マケドニア】より

…続いて,コネスキBlaže Koneski(1921‐93)がより詳細な文法を2巻本(1952年,54年)で発表。コネスキは詩や短編小説でも有名であるが,そのほかの作家としては,ヤネスフスキSlavko Janevski(1920‐ ),第2次大戦期を描いたショーポフAco Šopov(1923‐82),マテフスキMateja Matevski(1929‐ ),スコピエ大学教授でもあるトドロフスキGane Todorovski(1929‐ ),ポポフスキAnte Popovski(1931‐ ),ソレフDimitar Solev(1930‐ ),歴史小説に真骨頂を発揮したドラクルSimon Drakul(1930‐ ),児童文学で知られるポドゴレツVidoe Podgorec(1934‐ ),チンゴŽivko Čingo(1935‐ ),ウロシェビッチVlada Urošević(1934‐ )など。なお,毎年〈オフリトの夏〉と呼ばれる文化週間がもたれ,〈ストルガの詩の夕べ〉には世界各地からの参加が見られる。…

※「トドロフスキ,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android