コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリグラフ trigraph

翻訳|trigraph

岩石学辞典の解説

トリグラフ

1個の年層(varve)が間違って3年を示すように見えるもので,これは粗い帯の発達が冬期の層に似ているためである[Charleswoth : 1957].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内のトリグラフの言及

【スロベニア】より


【自然】
北西から南下するジューリ(ユリスケJurijske)・アルプスがディナル・アルプスへと連なる山がちの地勢で,低地は東部のハンガリー盆地の一部とイストラ半島西側の頸部に見られるくらいである。イタリアとの国境地帯にはスロベニア最高峰のトリグラフTriglav山(2863m),オーストリアとの国境地帯にはグリンタベツGrintavec山(2559m)がそびえる。西部の台地には典型的なカルスト地形が発達し,総延長23kmというポストイナPostojna鍾乳洞がある。…

※「トリグラフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トリグラフの関連キーワードキム・ヨナ(金妍児)トリグラウ国立公園トリグラフ国立公園ユリスケアルプスビントガル渓谷トリグラウ山トリグラフ山スロベニアボーヒニ湖荒川静香ボーヒニ高橋大輔ボベツ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トリグラフの関連情報