トリマルキオの饗宴(読み)とりまるきおのきょうえん

世界大百科事典内のトリマルキオの饗宴の言及

【サテュリコン】より

…主人公のエンコルピウスとその友人アスキュルトス,それに奴隷の美少年ギトンが中心人物で,3人が南イタリアの港町を舞台にして何者かに追われながら放浪の旅をつづけていく物語になっている。その中でもとりわけ有名なのは〈トリマルキオの饗宴〉と呼ばれている部分で,かつては奴隷だったトリマルキオが現在では解放されて大金持になって,想像を絶する豪華な宴会を催している。この宴会に参加した主人公たちによって,ぜいたくな食事のメニューやそこで交わされる会話が詳細に紹介されるが,この成上り者の趣味の悪さは皇帝ネロを批判したものとも考えられる。…

※「トリマルキオの饗宴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android