トルテカ(読み)とるてか

世界大百科事典内のトルテカの言及

【トルテカ文化】より

…また,その指標となる土器型式は,メキシコ中央高原,西部地方,オアハカ地方に広がるコヨトラテルコ式土器,そしてマヤ地方のテペウ式土器などが代表的なものである。 トルテカToltecaとは〈すぐれた工人〉〈賢者〉を意味し,ある特定の部族を指すのではなく,この時期の文化を担ったメソアメリカ各地の指導者階級をトルテカとしたほうが理解しやすい。その意味でのトルテカたちは,テオティワカンの衰退期に,各地からメキシコ中央高原に集まり,テオティワカンに代わる勢力をつくった。…

※「トルテカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android