トレーターズ・ゲート(読み)とれーたーずげーと

世界大百科事典内のトレーターズ・ゲートの言及

【ロンドン塔】より

…中世以来近代初めまでしばしば王宮となり,また長く国事犯の牢獄としても使用され,ロンドン城代と国王護衛兵により守られた。本来の入口はテムズ川に面して水をひいた〈トレーターズ・ゲート(反逆者の門)〉で,ここから小舟で運ばれた囚人は,二度と再び生きて出ることがないと恐れられた。ここで処刑または監禁された囚人はトマス・モア(1535処刑),ヘンリー8世王妃アン・ブーリン(1536処刑),後の女王エリザベス1世(1554,投獄2ヵ月で釈放),ウォーター・ローリー(1592,1603‐16投獄,1618処刑)ら多数を数え,彼らにまつわる物語はロンドン塔の歴史に陰惨な影をおとしている。…

※「トレーターズ・ゲート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android