トロトラスト(読み)とろとらすと

世界大百科事典内のトロトラストの言及

【癌】より

… ヒトの場合,癌原刺激に曝露(ばくろ)された時期が明らかな発癌例は少ないが,いくつかある。戦時中に毒ガス製造に携わった人々,血管造影剤として放射性のトロトラストThO2を注入された人々などに,のちになって高率に肺癌や肝臓癌などが発生している。この場合その臨床癌の発生のピークは,癌原刺激に最初に曝露されてから20~30年後である。…

【肝臓癌】より

…原因は肝炎ウイルス(B型,C型)に求められることが多い。そのほかに,ヘモクロマトージス,飲酒,マイコトキシンmycotoxin(カビの有害な代謝産物),薬物として性ホルモン剤やトロトラストthorotrast(かつて血管・肝脾造影剤として使用された)などとの関連が重視されている。 初期には特有の症状はなく,合併している肝硬変の症状や肝硬変症様の臨床検査成績を示す。…

※「トロトラスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android