トンブリー朝(読み)とんぶりーちょう

世界大百科事典内のトンブリー朝の言及

【タークシン】より

…18世紀後半のアユタヤ朝滅亡後,ビルマ(現ミャンマー)軍を撃退してタイの独立を回復し,新たにトンブリーに都を開いた(トンブリー朝)タイ国王。在位1767‐82年。…

【トンブリー】より

…最近は,これらの運河網に加えて道路整備が急速に進みつつある。1767年にアユタヤがビルマ(現ミャンマー)軍によって陥落した後,プラヤー・ターク(タークシン王)はビルマ軍を撃退してこの地に王都を置き,トンブリー朝(1767‐82)を開いた。しかし後年,タークシン王は狂気を理由に処刑され,チャオプラヤー・チャクリ(ラーマ1世)が王位につき,王都を対岸に移してラタナコーシン朝(バンコク朝)を創立した。…

※「トンブリー朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android