ドイツ古典哲学(読み)どいつこてんがく

世界大百科事典内のドイツ古典哲学の言及

【資本論】より

…いかにして古典派の政治経済学を批判しつつ,資本主義社会の歴史性を経済学的に証明できるか,この《資本論》の構成方法こそ,マルクスが〈その本質上,批判的かつ革命的〉であるとしたところの,ヘーゲル弁証法であった。
[ドイツ古典哲学――ヘーゲル弁証法]
 G.W.F.ヘーゲルの観念弁証法(《論理学》)においては,実在的存在は思惟によって産出された構成物であった。この思弁的世界は常識に逆らうものであった。…

※「ドイツ古典哲学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android