ドイツ技師協会(読み)どいつぎしきょうかい

世界大百科事典内のドイツ技師協会の言及

【工学】より

…そのため,19世紀も中葉以降には,これら技術学校は,現状に不満をもつようになり,これまでの実績を踏まえて,入学年齢や入学資格を引き上げ,高等教育機関への昇格を目指すようになった。このような動きには,1856年ドイツ技師協会Verein Deutscher Ingenieureを結成するなどして,ドイツの急速な工業化の担い手としての自覚を強めつつあった技術者集団からの働きかけもあずかって力があった。かくて,70年代以降,各地の技術学校は,工科大学Technische Hochschuleへと昇格し,99年には学位授与権を獲得して実質的には大学と同等となった。…

※「ドイツ技師協会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android