ドイツ連邦銀行に関する法律(読み)どいつれんぽうぎんこうにかんするほうりつ

世界大百科事典内のドイツ連邦銀行に関する法律の言及

【ドイツ連邦銀行】より

…とくに大商業銀行が全国的に業務を活発化させるとともに,地方分権的な銀行制度の欠点が明らかになった。この結果,それまでの中央銀行の独立性をいかに守るかという問題をめぐり対立していた金融当局者も,集中的な機構の必要性について同意するようになり,57年8月〈ドイツ連邦銀行に関する法律〉が発効し,単一の中央銀行としてのドイツ連邦銀行が発足した。90年のドイツ統一後は旧東ドイツ地域も含む全ドイツの中央銀行となった。…

※「ドイツ連邦銀行に関する法律」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android