ドゥカート金貨(読み)どぅかーときんか

世界大百科事典内のドゥカート金貨の言及

【レバント貿易】より

…シリア,エジプトからの香料,西ヨーロッパの毛織物が最も重要な商品であったが,そのほかに多数の地域的商品があり,多角的な交易が行われていた。13世紀後半にジェノバ,フィレンツェ,ベネチアなどのイタリア都市で製造された金貨は国際的な決算手段として広く利用され,とくにベネチアのドゥカート金貨はイスラム世界へ浸透したといわれる。1348‐49年の〈黒死病〉はレバント貿易にも大きな影響を与えた。…

※「ドゥカート金貨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android