ドライオフセット(読み)どらいおふせっと

世界大百科事典内のドライオフセットの言及

【凸版】より

…この欠点を除くものとして弾性材あるいは粘弾性材を用いたゴム版やプラスチック版なども考案されているが,前者の場合は大きな圧のもとでは画線そのものにひずみを生じ,後者は印刷中にしだいに変形するという問題がある。さらに,凸版形式の版でゴムブランケットに一度印刷してからこれを紙に転写する方法(いわゆるオフセット印刷方式を応用したもので,ドライオフセットdry offsetあるいはレターセットlettersetなどと呼ばれる)も考案されているが,この場合も金属凸版ではゴムブランケットとの接触時に画線部のみが強く押されるためゴムブランケットがゆがみ,とくに写真の印刷では良好な印刷物を得るのは困難である。また印刷物の品質が紙の平滑度に左右されるのも凸版によるじか刷りの欠点で,写真版,原色版などの印刷にはアート紙のような高価な紙が必要となる。…

※「ドライオフセット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android