ドラビダ進歩連盟(読み)どらびだしんぽれんめい

世界大百科事典内のドラビダ進歩連盟の言及

【アンナードゥライ】より

…カーマラージと並び称せられる現代南インドの大衆政治家。1949年,地域民族主義政党ドラビダ進歩連盟(DMK)を結成し,ドラビダ人のための南インドを標榜して,反北インド・反バラモン運動を展開。62年下院議員,67年上院議員に選出され,67‐69年はマドラス州首相として活躍,州名をタミル・ナードゥと改称するなどタミル化に努めた。…

【タミル・ナードゥ[州]】より

…州公用語はタミル語で,住民の大半がドラビダ系のタミル民族である。ヒンディー語の連邦単一公用語化への激しい反対運動(1965),国民会議派を破って州政権を担当したドラビダ進歩連盟(DMK)の登場(1967)などにもみられるように,北インドのアーリヤ民族の優位性を否定するドラビダ民族主義運動の拠点である。州名は〈タミル民族のくに〉を意味し,1968年に旧名マドラス州にかわって,DMK政権のもとで採用された。…

【デカン高原】より

…ヨーロッパ諸勢力の中でイギリスは,18世紀後半4次にわたるマイソール戦争と,18世紀末~19世紀初頭3次にわたるマラーター戦争などで最終的に勝利し,南インドはその植民地となった。 インド独立後タミル・ナードゥ州の反バラモン運動とその政治的発現であるドラビダ進歩連盟(DMK)の発展などは,〈ヒンディーとバニアー(北インドの商人)帝国主義〉に対する,すなわち社会・文化・政治・経済面での北インド・アーリヤ支配に対する南インドの民族的抵抗である。ドラビダ【佐藤 正哲】。…

※「ドラビダ進歩連盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android