コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラフト会議 どらふとかいぎ draft

翻訳|draft

1件 の用語解説(ドラフト会議の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ドラフト会議

新人選手を選択する会議。1965年、契約金の抑制と戦力均等化を目的に、米国NFLシステムを採用する形でスタート。メジャーリーグも同年スタートしているが、日本ではクジ運での報酬格差に選手側から不満が高まり、再三方式が変わった。93年に、高校生を除く一定選手に逆指名権を認め、2001年には各球団に自由獲得枠2を与えた。05年からは、高校生と社会人・大学生の分離ドラフトに。高校生は1巡目だけ入札抽選、その後はウェーバー順に指名し、社会人・大学生に関しては自由獲得枠を希望入団枠と改名して1枠だけ設ける2年間の暫定システムを採用した。07年のシステムでは、高校生選択会議と社会人・大学生ほか選択会議に分けて行い、06年まで採用されていた希望入団枠は撤廃された。1巡目で指名が重複した場合には抽選で決定。2巡目以降は、前年度の成績の低いチームから指名するウェーバー方式で決めていく。 なお、社会人・大学生ほか選択会議の後に、育成選手を獲得するための育成ドラフト、または2次ドラフトを行う。07年は計15選手が指名された。

(武田薫 スポーツライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のドラフト会議の言及

【ドラフト制度】より

…この制度は,契約金の際限ない高騰を防ぎ,各球団の戦力をできるだけ均衡化することを目的としたもので,日本では1965年に最初の会議が開かれている。アメリカでは下位リーグの選手を上位リーグの球団が契約する際の便法としてドラフト会議が早くから行われていたが,新人選手に対する制度として確立したのは1964年からである。また,プロのアメリカン・フットボールでも同様の制度を1936年から採用している。…

※「ドラフト会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドラフト会議の関連キーワード選択ラジオボタン付合契約日本プロ野球選手会言選り人選ドラフト制キャリア・アンカー危険の選択人的補償

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドラフト会議の関連情報