ドラム・セット(読み)どらむせっと

世界大百科事典内のドラム・セットの言及

【太鼓】より

【平野 健次】
[洋楽のドラム]
 太鼓(ドラム)は欧米系音楽でも打楽器の代表といえるほど親しまれている。ポピュラー音楽などで〈ドラムス〉〈ドラム・セット〉などというとき,太鼓以外の各種打楽器を含んでおり,〈ドラマー〉の分担が太鼓だけではないのも端的な例であろう。欧米系音楽の太鼓に目だつ傾向として,(1)円筒形の胴の両面に膜を張ったものが多い,(2)しかし打面は一方だけが普通,(3)ごく一部を除き桴打ちが原則,といったことがある。…

※「ドラム・セット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android