ドランスフィールド,M.(読み)どらんすふぃーるど

世界大百科事典内のドランスフィールド,M.の言及

【オーストラリア】より

…二つの系譜は両大戦間に混交し,ソフィスティケーションが進んだが,強いていえば,K.スレザー,J.ライト,J.マッコーリーらは前者の系譜,A.ホープからL.マレーに至る詩人たちは後者の系譜を継ぐ。1960年の反体制文化の詩的代表に夭折したドランスフィールドMichael Dransfield(1948‐73)がいる。 小説では,流刑囚,先住民やアジア人などへの差別虐待,スクオッター(大牧場主)対小農場主・渡り牧童の対立などを背景に社会的写実主義が発達し,クラークMarcus Clarke(1846‐81),ボルダーウッドRolf Boldrewood(1826‐1915),ファーフィーJoseph Furphy(1843‐1912),前述のローソン,X.ハーバートらが現れた。…

※「ドランスフィールド,M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android