ドリフター(読み)どりふたー

世界大百科事典内のドリフターの言及

【削岩機(鑿岩機)】より

…さく孔速度は岩石の強度で大きく異なるが,花コウ岩などでは毎分数十cmまでである。大型の水平さく孔用をドリフターdrifter,小型で手持ちの下向きさく孔用をプラッガーpluggerまたはジャックハンマーjack hammer,小型でエアレッグを備えているものをレッグハンマーleg hammer,支持脚が削岩機と一体となっている上向きさく孔用をストーパーstoperと呼ぶ。近年はプラッガーとストーパーはまれにしか使用されない。…

※「ドリフター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android