ドロンコーン(読み)どろんこーん

世界大百科事典内のドロンコーンの言及

【スピーカー】より

…スリーウェースピーカーシステムは,再生周波数帯を3分割し,それぞれを低音用(ウーハー),中音用(スコーカー)および高音用(ツィーター)で受けもたせるようにしたスピーカーシステムである。パッシブラジエーターはドロンコーンともいい,位相反転バッフルの音響管(筒状の穴)の部分に取りつけた振動板である。この振動板にはボイスコイルや磁気回路などの電気音響変換用の素子はなく,音響管の音響インピーダンスを調節し,系の共振周波数付近でよく振動して低音の放射を助長させるために用いられる(図5)。…

※「ドロンコーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android