ドロー・テーブル(読み)どろーてーぶる

世界大百科事典内のドロー・テーブルの言及

【エクステンション・テーブル】より

…2枚の板を左右に引き伸ばすと細い持ち送りがそれらを中央の甲板と同一面にし,大型のダイニングテーブルに変わる。ドロー・テーブルdraw‐tableともよぶ。中世僧院の食堂などで使われていた簡素な大型テーブル(レフェクトリー・テーブルrefectory table)の形式を基本とし,16世紀初期にイギリス,フランスおよびイタリアで流行した。…

※「ドロー・テーブル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android