コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドールン Doorn, Cornelis Johannes van

朝日日本歴史人物事典の解説

ドールン

没年:1906(1906)
生年:1837.1.5
明治期に来日したお雇い外国人。オランダ人土木技師。アムステルダム生まれ。ユトレヒト工業学校卒業後土木技師となった。長崎や大阪で医学教育に従事したボードインの推薦により,明治5(1872)年大蔵省土木寮(のち内務省に移管)の長工師として来日。オランダ人技術者を指揮して全国各地の土木工事を担当,函館,仙台,大阪などの築港,利根川,淀川などの大河川の改修,安積疏水の建設など多くの工事に貢献した。13年に帰国。昭和6(1931)年には猪苗代湖畔に胸像が建てられた。<参考文献>土木学会編『明治以後本邦土木と外人』

(三好信浩)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ドールンの関連キーワードウィレム3世[オランダ王]安積疎水∥安積疏水ファン・ドールンアーペルドールンJ. デ・レーケウィルヘルム2世ヘルデルラント州ヘットロー宮殿安積疎(疏)水ホイットマンダヤン・ハンデ・レーケ臨海実験所機会的浮動カルー高原ムルデル安積疎水チームⅩ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android