ナチス特許法(読み)なちすとっきょほう

世界大百科事典内のナチス特許法の言及

【特許】より

…つまり,帝国特許法は,社会に埋もれている発明を引き出すことを主目的としており,それゆえ,最初に出願した者に特許が付与された(出願者主義)。この帝国特許法が,発明者の保護へと大きく転換したのは1936年のナチス特許法のときである。このナチス特許法は,いわゆる指導者原理というナチスの思想を基盤とはしているものの,普遍性を有する面も多く,現行ドイツ特許法の骨組みとなっている。…

※「ナチス特許法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android