ナバテア文字(読み)なばてあもじ

世界大百科事典内のナバテア文字の言及

【アラビア語】より

…北アラビア語の最も古い碑文は4世紀にさかのぼる。6世紀のものとみられるシリア語・ギリシア語・アラビア語文書(アレッポ南東部ザバド出土,512年または513年),ヒーラのヒンド教会文書(560年),ギリシア語・アラビア語文書(ダマスクス南部ハッラーン出土,568年)などは,いずれもキリスト教徒の教会生活に関するものであり,それらはアラビア文字が,おそらくイラクのキリスト教宣教師によってナバテア文字を参考にして考案されたものであることをうかがわせる。それまでアラブ各部族にはそれぞれの方言が発達したようであるが,文字が考案され,伝播するにつれて,部族を超えた統一的文学語形成への道が開かれたと推定される。…

※「ナバテア文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android