ナンチャンゴサウルス(読み)なんちゃんごさうるす

世界大百科事典内のナンチャンゴサウルスの言及

【テコドント】より

…鷲竜類とともに二次的に四足歩行性になったと思われ,ルチオドンやデスマトスクスなどは攻撃的な動物だったと考えられている。中国には多くの種類が知られているが,ロトサウルスはとげ状突起が長く発達したもので,ナンチャンゴサウルスは魚竜のように水生生活に適応した形態をしている。ソ連から出土したロンギスクアマは背中に羽が生じ,空中生活が可能であった。…

※「ナンチャンゴサウルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android