ナーガールジュナサーガル[湖](読み)なーがーるじゅなさーがる

世界大百科事典内のナーガールジュナサーガル[湖]の言及

【ナーガールジュナコンダ】より

…インド南東部アーンドラ・プラデーシュ州のクリシュナー川右岸にあった遺跡。ダム建設により水没することになり,1954‐60年に大規模な発掘が行われ,重要な遺構はナーガールジュナサーガルNāgārjunasāgar湖に浮かぶことになった島に移された。当地には旧石器文化,細石器文化,新石器文化,巨石文化の遺跡もあるが,より重要なのは3世紀中期から約1世紀間栄えたイクシュバーク朝の首都ビジャヤプリーVijayapurīの都城と,この王朝の庇護によって造営された多数の仏教寺院とである。…

※「ナーガールジュナサーガル[湖]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android