コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニセフサノリ

海藻海草標本図鑑の解説

ニセフサノリ

からだは円柱状。分枝は叉状でほぼ同じ長さとなる。髄部は粘液質に満たされており糸状細胞が束のようになった中軸も確認出来る。皮層は外側に小さな細胞が1〜2層並び内側に大きめの細胞が並ぶ。フサノリに似るがフサノリに比べ細く硬いこと,光で透かした時に中央に縦スジは見られない事などで見分けられる。手触りはヌメリがあり軟骨質。生体は明紅色〜濃紅色。押し葉標本は台紙につき,色は黒っぽくなる。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典内のニセフサノリの言及

【フサノリ(房海苔)】より

…朝鮮半島にも分布する。似た海藻のニセフサノリPseudogloiophloea okamurai (Setchell) Chiharaは体の直径が1~2mmと細いこと,粘質物が少なく,軟骨質であることで外見的にも区別できる。基本的な差異は皮層の構造で,フサノリでは透明な大型細胞で構成されるのに対し,ニセフサノリでは小型の紡錘状の細胞が連結した細胞系でつくられる。…

※「ニセフサノリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ニセフサノリの関連キーワードフサノリ(房海苔)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android