ニックリッシュ,H.(読み)にっくりっしゅ

世界大百科事典内のニックリッシュ,H.の言及

【経営学】より

…(3)企業ではなく,経営Betrieb,経営経済Betriebswirtschaftあるいは経済経営Wirtschaftsbetriebに対象を普遍化した規範論学派は,営利性原則にかわって経済性原則Wirtschaftlichkeitsprinzipをとり入れ,経営共同体論を主張したところに一つの特徴をみることができる。とくに1920年代の確立期に活躍したH.ニックリッシュはその典型であった。当時の規範論にはワイマール期の経営参加問題を含む民主化からの影響と,ナチス体制への傾倒を無視するわけにはいかない。…

※「ニックリッシュ,H.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android