ニッケル‐クロム‐鉄合金(読み)にっけるくろむてつごうきん

世界大百科事典内のニッケル‐クロム‐鉄合金の言及

【ニッケル合金】より

…耐酸化性のよいニッケル‐クロム素地にγ′相と呼ばれるNi3(Al,Ti)を析出分散させて高温強度を増加させるという考え方は,ニッケル基超耐熱合金の基本である。
[ニッケル‐クロム‐鉄合金]
 この系統を代表するものはニッケル76%,クロム16%,鉄8%の合金で,インコネルと呼ばれる。塑性加工性も溶接性もよく,各種の形状に加工され使用される。…

※「ニッケル‐クロム‐鉄合金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android