ニッケル‐クロム合金(読み)にっけるくろむごうきん

世界大百科事典内のニッケル‐クロム合金の言及

【ニッケル合金】より

…アルミニウムとチタンを添加し,析出硬化性をもたせた高強度のもの(Kモネル)あるいは鋳物用の合金もある。
[ニッケル‐クロム合金]
 クロム10~30%,鉄0~30%程度のニクロム系合金は耐熱性がよく,電熱線として使用されており,またアルメル‐クロメル熱電対は測温に広く使用されている。この合金は,その後の超耐熱合金の開発の基礎となったもので,アルミニウムとチタンを少量添加し,析出硬化性を与えた一連のナイモニック合金が開発された。…

※「ニッケル‐クロム合金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android