ニッケル‐銅合金(読み)にっけるどうごうきん

世界大百科事典内のニッケル‐銅合金の言及

【ニッケル合金】より

…また,熱膨張係数がきわめて小さいインバーなど特色のある合金もある。
[ニッケル‐銅合金]
 ニッケルと銅とは組成の全域にわたって固溶し,銅量の広い範囲にわたって種々の実用合金がある。銅の量が多く銅合金に分類されるものには,ニッケル20%の白銅があり,ニッケル45%のコンスタンタンは電気抵抗線として使用される。…

※「ニッケル‐銅合金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android