ニッポンフサゴカイ(読み)にっぽんふさごかい

世界大百科事典内のニッポンフサゴカイの言及

【フサゴカイ(房沙蚕)】より

…薄い膜質の管の外側に貝殻片や砂粒をつけ,その中で生活するものが多い。 ニッポンフサゴカイThelepus setosusの管の中には多毛類の一種のナガウロコムシが共生している。チンチロフサゴカイLoimia medusaは福岡県や熊本県でドベムシとよび,釣餌虫に用いられる。…

※「ニッポンフサゴカイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる