ニホンヒメハマトビムシ(読み)にほんひめはまとびむし

世界大百科事典内のニホンヒメハマトビムシの言及

【トビムシ(跳虫)】より

…日本各地の湿地,湖沼や海浜の砂中に穴をあけて生息し,地上に出ると敏しょうに跳躍する。近似のニホンヒメハマトビムシO.p.japonica(イラスト)は海浜に打ち上げられた海藻の下のほか,内陸の落葉の下などにも見られる。オオハマトビムシO.ochotensisは北海道の海岸や半鹹水(はんかんすい)に生息し,ヒゲナガハマトビムシTalorchestia britoは北海道および本州の潮間帯付近の砂に穴をあけて生息している。…

※「ニホンヒメハマトビムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android