ニムファエア・カペンシス(読み)にむふぁえあかぺんしす

世界大百科事典内のニムファエア・カペンシスの言及

【スイレン】より

…開花期間から昼咲性品種群と夜開性品種群とがある。原種系では,アフリカ原産のニムファエア・カペンシスN.capensis Thunb.系のものがもっとも多く栽培されている。また,北アフリカ原産のN.caerulea Sav.と前種との交配によるN.pennsylvania Hort.や,夜開性のN.lotus L.やN.rubra Roxb.,あるいはこれらの交配種であるN.devoniensis Hook.なども栽培される。…

※「ニムファエア・カペンシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android