ニューヨーク金市場(読み)にゅーよーくきんしじょう

世界大百科事典内のニューヨーク金市場の言及

【金市場】より

…金地金がまとまって取引され,その取引価格が他の取引への指標として影響していく市場をいう。代表的なロンドン,チューリヒ,香港,ニューヨークの各金市場が,四大金市場と称される。1971年8月15日のニクソン・アメリカ大統領の金とドルの交換停止声明(いわゆるニクソン・ショック)によって金は国際通貨の地位から解き放たれ,インフレや国際政治・経済情勢を反映して激しく変動する国際商品としての性格を強めるとともに,四大市場を中心に金市場は連動性を高め,拡大を速めている。…

※「ニューヨーク金市場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android