ニューロコンピューティング(読み)にゅろこんぴゅてぃんぐ

世界大百科事典内のニューロコンピューティングの言及

【ニューラルコンピューティング】より

…生物の脳の神経細胞(ニューロン)や神経回路網(ニューラルネットワーク)の情報処理様式に学んで,脳の高度な情報処理機能の人工的実現を目指す新しいタイプの情報処理手法の総称。ニューロコンピューティングとも呼ぶ。
[脳とコンピューター]
 脳とコンピューターは,この世の中に実在する高度な情報処理系の双璧であるが,その持ち味は大きく異なっている。…

※「ニューロコンピューティング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android