ネアックタ(読み)ねあっくた

世界大百科事典内のネアックタの言及

【カンボジア】より

…宗派には伝統派のモハニカイ派と改革派のタマユット派があり,前者が優勢である。村の所々に土着の精霊信仰〈ネアックタ〉神の小祠があり,村人の生活神である。1975年からの民主カンボジア政権下では,仏教を反動的な宗教と決めつけ,寺院を破壊した。…

※「ネアックタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android