ネコナカイガラムシ類(読み)ねこなかいがらむしるい

世界大百科事典内のネコナカイガラムシ類の言及

【コナカイガラムシ】より

…ほとんどの種は終生脚を有し,歩行,移動が可能。葉面,果実,枝,幹などのほか,イネ科植物の葉鞘(ようしよう)下に寄生する種や,根に寄生するネコナカイガラムシ類,土中に生活してアリと共生するアリノタカラカイガラムシなどもある。成熟すると綿状の分泌物で卵囊を形成するものが多く,群生して植物の美観を損ね,また排出液(甘露)がすす病を誘発して大害をもたらす。…

※「ネコナカイガラムシ類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる