ネットワークプロトコル

世界大百科事典 第2版の解説

ネットワークプロトコル【network protocol】

コンピューターや電話などのネットワークシステムにおける通信手順や規約のことをプロトコルと呼ぶ。もとの意味は条約の議定書のことである。通信システムでは,あらかじめ決めれた通信手順に従って通信が行われる。たとえば,メッセージを送るための電気信号の形式や電圧,ケーブルの形状,誤りの訂正方法などである。ネットワークを構成する各装置がそれらに従った手順を完全に守ることによって初めて通信が可能となる。これは,人間同士が言語を使用して会話を行う場合と同じである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android