ネリ,F.(読み)ねり

世界大百科事典内のネリ,F.の言及

【オラトリオ】より

…厳格な典礼音楽に対する,自由な祈りの音楽の名称として用いられたらしい。その起源は,フィリッポ・ネリによって祈禱所(オラトリオ会)での宗教的会合で使われた音楽で,これに17世紀初頭の劇音楽の様式が加わりオラトリオが生まれたと思われる。まずローマでラテン語によるオラトリオとイタリア語オラトリオが生まれる。…

【オラトリオ会】より

…祈りと司牧に献身するために共同生活をするカトリック教区司祭会で,イタリア・オラトリオ会とフランス・オラトリオ会がある。前者は1552年ローマでネリFilippo Neri(1515‐95)の指導の下に結成され,75年教皇グレゴリウス13世による認可後各国に発展した。後者はイタリアの模範に従って1611年ベリュルPierre de Bérulle(1575‐1629)によってパリに創立された。…

※「ネリ,F.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android