ネルジュボフ,D.N.(読み)ねるじゅぼふ

世界大百科事典内のネルジュボフ,D.N.の言及

【エチレン】より

…また,トリエチルアルミニウムなど合成化学的に有用な有機金属化合物を与えるなど,精密化学の分野でも重要な役割を果たしている。【冨永 博夫】
【植物ホルモンとしてのエチレン】
 19世紀末には,ヨーロッパ各地でガス灯用のガス管の破損によるガスもれが街路樹に有害で異常な形態の変化をもたらすことが知られていたが,1901年にオーストリアの若い科学者ネルジュボフD.N.Neljubowが実験室内や温室内で生育させたエンドウの芽生えにみられる形態の異常について,それがガス中のエチレンによるものであることを示した。のちに,カビ類,細菌類の一部と大部分の高等植物で,植物体自身がエチレンを生成し,それが植物の正常な生長過程における調節に一役かっていることが明らかとなるに及び,エチレンは植物ホルモンの一種と認められるようになった。…

※「ネルジュボフ,D.N.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android