ノイマンバンド(読み)のいまんばんど

世界大百科事典内のノイマンバンドの言及

【鉄隕石】より

…オクタヘドライトの切断研磨面の硝酸アルコール溶液によるエッチングを行うと,両鉱物による三角形や平行四辺形の格子模様からなる特徴的なウィドマンシュテッテンWidmanstätten構造が観察される。一方,ヘキサヘドライトでは同様にノイマンバンドと呼ばれる細い平行線群が認められる。アタキサイトではきわめて細かなカマサイトとテーナイトの集合体(プレッサイトplessite)からなり,なんら規則的な構造は示さず,Ni含有量のきわめて少ないヘキサヘドライトとともに塊状鉄隕石と呼ばれる。…

※「ノイマンバンド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android