ノイマン問題(読み)のいまんもんだい

世界大百科事典内のノイマン問題の言及

【境界条件】より

… また,三次元ユークリッド空間内の領域D上のラプラス方程式,において,φをDの境界∂D上で定義された関数として,∂D上で, u=φ ……(2) あるいは, ∂u/∂n=φ ……(3) を満たす解を求める問題は,やはり(2),あるいは(3)を境界条件とする境界値問題である(∂u/∂nは∂Dの外向き法線方向への解の微分係数を表す)。境界条件が(2)で与えられているとき,これをディリクレ問題Dirichlet problem,(3)で与えられているとき,ノイマン問題Neumann problemという。 なお,境界に限りなく近づくときの解の漸近的挙動を指定して解を求める問題も,やはり境界値問題と呼ばれる。…

※「ノイマン問題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる