ノドグロハチドリ(読み)のどぐろはちどり

世界大百科事典内のノドグロハチドリの言及

【ハチドリ(蜂鳥)】より

…公園や林縁にすみ,冬季には中央アメリカに渡る。アカノドハチドリに似ているが雄ののどが紫黒色のノドグロハチドリA.alexandriや雄の頭部全部がバラ赤色に輝くアンナハチドリCalypte annaは,合衆国西海岸でふつうに見られる。 ハチドリ類は,アマツバメ類とともに,飛行生活に高度に適応した鳥で,両者はいっしょにアマツバメ目に分類されているが,ほんとうに類縁関係があるのかどうかははっきりしていない。…

※「ノドグロハチドリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android