ハインツヒェン(読み)はいんつひぇん

世界大百科事典内のハインツヒェンの言及

【コーボルト】より

…非業の死を遂げた者の霊が特定の家に住みつき,毎日飲食を供えれば仕事の手助けを,それを怠ると意地悪や邪魔をしてしのび笑いをもらすという。地方によってさまざまな名をもち,ふつう小僧さんとしてクルトとかハインツヒェンと呼ばれたりするが,今でも仕事の速い家事手伝いのことを〈コーボルトがついている〉と言う。一説には山の精。…

※「ハインツヒェン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android