コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハクセンシオマネキ はくせんしおまねき Fiddler Crab

翻訳|Fiddler Crab

1件 の用語解説(ハクセンシオマネキの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ハクセンシオマネキ

エビ目・スナガニ科のカニの一種。体色は白みがかった灰色や茶色で、幅約2センチと小型な甲羅に比べ、オスの片方のハサミが白く大きいことが特徴。メスを呼ぶためにハサミを上げ下げする行動が白い扇子を振って潮を招くように見えることから名付けられた 。神奈川県以西の本州太平洋岸、四国、九州などに分布し、河口付近の干潟に個々に巣穴を作って集団で生息する。河口域の干拓や環境汚染などで生息地が減少しており、2006年に環境省レッドリストの絶滅危惧種に指定されている。12年、初めて東京湾内(千葉県木更津市小櫃川河口干潟)での生息が確認された。

(2012-07-24)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハクセンシオマネキの言及

【シオマネキ(潮招)】より

…シオマネキ類は世界で80種余りが記載されており,日本は分布の北限にあたる。日本産は8種であるが,はさみが白いハクセンシオマネキU.lactea(イラスト)(甲幅1.5cm),黄色いヒメシオマネキU.vocans(イラスト)(甲幅2cm),紅色のベニシオマネキU.chlorophthalma crassipes(甲幅1.5cm)が多く,かつて九州に多かったシオマネキはカニの塩辛の蟹漬(がんづけ)の最高の材料とされたため,ごく少なくなってしまった。いずれの種も内湾の砂泥地に群れをなしているが,巣穴の周囲の一定の広さをなわばりとして生活しているため,濃密な群れをなすことはなく,また,種ごとにある程度のすみ分けを行っている。…

※「ハクセンシオマネキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハクセンシオマネキの関連キーワード磯蟹岩蟹筬蟹蝲蛄砂蟹錦海老扇蟹インドエビ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハクセンシオマネキの関連情報