ハザルの海(読み)はざるのうみ

世界大百科事典内のハザルの海の言及

【カスピ海】より

…ボルガ川,ウラル川,アラクス(アラス)川,アトラク川,アスタラ川,セフィード・ルード,ゴルガーン川などが流れ込むが,流入量よりも蒸発量の方が大きい。ゴルガーンの海,マーザンダラーンの海,ヒルカニヤの海,ハザルの海とも呼ばれた。アジアとヨーロッパの境に位置するため,古来東西交通上重要な役割を演じ,とくに中世にはアジアからの商品の主要通商路となった。…

※「ハザルの海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キログラム原器

メートル法の質量の単位キログラムを定義する人工基準器。国際キログラム原器はパリ郊外セーブルの国際度量衡局に保管された白金-イリジウム合金製の円柱形の分銅である。この合金は酸化などの化学変化や摩滅などの...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android