ハシダテガイ(読み)はしだてがい

世界大百科事典内のハシダテガイの言及

【ウチムラサキガイ(内紫貝)】より

…また殻の内面は濃紫色であるが,幼貝のときは白色で,成長するとともに紫色を帯びてくる。外套(がいとう)膜の付着する套線は後方から前方へ深く湾入するが,この湾入線を天橋立に見立てそれに松林の絵を描いてみやげ物にしたのでハシダテガイの名がある。北海道南部から九州,朝鮮半島,中国沿岸に分布し,内湾の潮間帯下部より水深40mの砂れき泥底にすむ。…

※「ハシダテガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android