ハチクイキヌバネドリ(読み)はちくいきぬばねどり

世界大百科事典内のハチクイキヌバネドリの言及

【キヌバネドリ(絹羽鳥)】より

…くちばしが小さいので,巣は樹洞やキツツキの古巣を利用することが多いが,朽木や樹上のハチやシロアリの巣に自分で穴をうがってつくることもある。中央・南アメリカに分布するハチクイキヌバネドリTrogon violaceusがハチの巣に営巣する場合は,早朝ハチの活動がにぶいときに巣をおそってハチを全部とって食べてしまう。それからくちばしで穴を掘り始めるが,巣をつくりながら内部の幼虫やさなぎも餌とする。…

※「ハチクイキヌバネドリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android